メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ >  調査研究報告書 >  令和元年度 >  調査研究報告書一覧 >  自尊感情とレジリエンスの向上に着目した、育児期女性に対する支援体制構築に向けての基礎研究(板橋区)

自尊感情とレジリエンスの向上に着目した、育児期女性に対する支援体制構築に向けての基礎研究(板橋区)

調査研究報告書のポイント

板橋区・北区で第1子が0~5歳の女性計3,000人に対して育児期女性の自尊感情(自分自身を価値あるものと感じる感覚)、レジリエンス(ストレスに対する心理的な回復力)を中心にアンケート調査を実施

  • 上記調査により、(1)産後すぐよりもしばらく経ってから(1~3歳)、(2)育児にまつわる離職時、(3)母親役割の内面化が自尊感情・レジリエンスを下げ、育児を困難にしている。一方、就労している育児期女性は自己肯定感が高い
  • 自尊感情とレジリエンスに注目したさらなる支援体制の構築が必要

テーマ提案区・参加区

提案区

板橋区

参加区

板橋区、北区、千代田区、文京区、豊島区

研究体制

  • 並木 有希(東京家政大学女性未来研究所副所長)(リーダー)

調査研究報告書

報告書板橋区

報告書

概要版