メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ >  調査研究報告書 >  令和元年度 >  調査研究報告書一覧 >  特別区のスケールメリットを生かした業務効率化(渋谷区)

特別区のスケールメリットを生かした業務効率化(渋谷区)

調査研究報告書のポイント

  • 防災システムを共通化することにより、発災時の対応や物資などの情報共有が容易になり、より円滑な災害対応が可能
  • 共同調達では、購入単価の低下のほか事務の効率化も期待できる
  • 電子窓口や共同化業務システム、ID連携基盤など備えた情報基盤を構築することで、業務効率化はもとより、民間との連携による新サービスの創出も期待できる
  • これらを実現するためには、契約主体ともなり得る組織体を設立することが適当

テーマ提案区・参加区

提案区

渋谷区

参加区

渋谷区、足立区、葛飾区、江東区

研究体制

  • 澤田 伸(渋谷区副区長)(リーダー)
  • 星野 大作(渋谷区経営企画部長)(副リーダー)

調査研究報告書

表紙渋谷区

報告書

概要版