メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ >  調査研究テーマ >  令和2年度 >  調査研究テーマ一覧 >  特別区における小地域人口・世帯分析及び壮年期単身者の現状と課題(基礎調査)【継続】

特別区における小地域人口・世帯分析及び壮年期単身者の現状と課題(基礎調査)【継続】

提案区

    • 基礎調査

研究目的・令和元年度成果

特別区においては、以前から若年単身者(34歳以下)が全国や東京圏と比較して多いことはよく知られているが、近年増加傾向を示している壮年期(3564歳)の単身者に対しては十分に目が向けられてこなかった。単身のまま高齢期に入ると、現在の高齢者よりも一層孤立的な状態に置かれる可能性も高いことから、壮年期単身者の現状や将来に対する意識等を明らかにするとともに、政策的にどのような枠組みで捉えていくかを検討する必要がある。

令和元年度は、全国・東京圏に中での特別区部という視点で、市区町村単位で単身者の属性の変化を分析するとともに、3区(世田谷区・豊島区・墨田区)を対象にアンケート調査を実施し、その基本的特性の把握を行った。その結果、壮年期の未婚単身者が特別区部に地域的差異を伴いつつ集中する傾向があること、人間関係が薄い層が確実に存在すること、6割が定住意向を持つことなどが明らかになった。

令和2年度研究概要

令和2年度は、国勢調査データの分析を小地域で行い、特別区内の地域差異の分析を行うとともに、アンケート調査の詳細な分析と聞き取り調査を行うことにより、壮年期単身層の姿をより鮮明に描きだし、それを踏まえて政策的課題を整理する。

  • 小地域(町丁単位)の特別集計をもとにした壮年期単身者地域的差異の分析
  • アンケート調査結果を踏まえた詳細な聞き取り調査の実施
  • アンケート調査の詳細な分析
  • 上記調査結果の分析を総合した壮年期単身者をとりまく課題の明確化
  • 壮年期単身者を中心に、単身社会化が一層進む特別区部の政策枠組みの検討 
調査研究テーマ一覧
基礎自治体におけるテレワークの活用と実現方法【継続】
特別区のスケールメリットを生かした業務効率化【継続】
「持続可能な開発のための目標(SDGs)」に関して、特別区として取り組むべき実行性のある施策について【継続】
自尊感情とレジリエンスの向上に着目した、育児期女性に対する支援体制構築に向けての基礎研究【継続】
大局的に見た特別区の将来像【継続】
特別区における小地域人口・世帯分析及び壮年期単身者の現状と課題(基礎調査)【継続】
特別区における職場学習の現状と効果的な学習支援のあり方
特別区におけるごみ減量に向けた取り組みの推進と今後の清掃事業のあり方
将来人口推計のあり方
特別区が行うソーシャルビジネスの活動支援策~地域課題の現状把握を踏まえて~
債権管理業務における生活困窮者支援・外国人対応
地域コミュニティ活性化のためにとりうる方策
特別区が取り組んでいる施策の効果が日本全体に与える影響
基礎自治体におけるテレワークの活用と実現方法
AI等の先端技術を活用した業務効率化(電子自治体への移行に向けて)
特別区のスケールメリットを生かした業務効率化
「持続可能な開発のための目標(SDGs)」に関して、特別区として取り組むべき実行性のある施策について
自尊感情とレジリエンスの向上に着目した、育児期女性に対する支援体制構築に向けての基礎研究
大局的に見た特別区の将来像
特別区における小地域人口・世帯分析及び壮年期単身者の現状と課題